2017年7月25日火曜日

HP Stream 11-y004tuを購入した

HP Stream 11-y004tu(2016年12月モデル)を購入した。
Celeron N3050搭載の非力なマシン(10年前のCore2Duoに負ける性能)だが、
その価格(3万2千円)に負けて買ってしまった。

Windows PCとしてはポータブックがあるのだが、Linux入れる用のマシンが欲しくなったのだ。
HP Stream 11シリーズは比較的有名で、前々からLinuxを導入した報告が多かった。
同価格帯のasusのE203NAとかなり迷ったのだが、asusのマシンはLinux導入時のトラブル報告が多いので、
Linux初心者の自分には向いていなさそうということでHPを選択した。

で、届いた。


開封した印象としては
・割と本気でおもちゃっぽい
・筐体が軽くて薄くて良い
・通常のACアダプタケーブルの他に、ACアダプタに直結できる
 L字型コンセントアダプタがついているのはかなり好感度が高い。携帯性が高まる
・キーボードは、良くもないが悪くもない。パタパタといった感触
・Windows 10はじめてブック的なものがついているのは初心者にすごく優しい
・タッチパッドになにかの跡が... 製造時のかな?

まず、デフォで入っているWindows 10の方を使ってみた。
・クソ重い。正直使用がきついレベル。ポータブックのほうがまだマシ
・すべてが遅い。使いにくい。
・ポータブックと違って液晶はマトモな方。(超きれいではない)
・One Driveの2年間100GB無料使用権利が紙で同梱されていて、それは良い
・HPの製品登録をすると、さらにDropboxの1年間25GB無料権が手に入るのも良い
・入っているのは1507あたりのかなり古いWindows 10であり、
 即Creators Updateにする必要が(もちろん問題なく終了する)
・ファンレスなのは良い

次に、Ubuntuを導入するついでにBIOS設定に入る。
・普通に64bit UEFI
・HPは自己診断ツールが充実していて良い
・起動時パスワードや、起動順位設定などが普通に設定できるのが素晴らしい
・レガシーBIOSサポートまで入っている(Windows7以前も問題なく入りそう)
・POST delayの設定もできる。素晴らしい。
・当然のようにUSBブートもCDブートも対応
・セキュアブートもオフにできる(次回起動時に確認画面が出る)
・音量キーなどは、デフォだとFn押さずに利用できる
 (つまりF1等のキーが後ろに回っている)が、
 Action Key設定をdisableにすると、通常ファンクションキー有効で、
 Fn押すと音量等の操作になる普通の設定にすることができる。
とても良い。

最後に、Ubuntu 16.04 日本語Remix(64bit)のライブCDで動作確認
・起動順位を設定し直しておけば、なんの問題もなく起動する
・起動は遅いが、起動後はそこそこ軽快に動作する
・カメラ OK
・キーボード OK
・microSD OK
・Wi-Fi OK
・Bluetooth OK
・オーディオ OK
・イヤホン端子 OK
・タッチパッド OK(※)
・モニタクローズでのサスペンド NG
・手動でのサスペンド OK
・サスペンドからの復帰 OK
というわけで、デバイス周りの問題は何も概ね起こらず使用できた。
素直で素晴らしい。

もちろんセットアップ時にもWi-Fiは問題なく使用できている。

※タッチパッドは、2本以上の指で触れると、時折左上や左下に吹っ飛んでいくことがある。
 頻繁には起こらないが、そこそこ起こるので注意。Windows使用時も同様かは不明
 (どうやら、クリックするときに反応するのが原因らしい。クリック時にカーソル操作する側の指を離せば発生しないが...)


結論: Linux入れて使うのに最適。Windowsで使うなら大変な気長さが必要そう


Ubuntu導入後
・タップでクリックする、や、二指でのスクロールは切っておいたほうが良さそう

0 件のコメント:

コメントを投稿