SyntaxHighlighter

2016年3月27日日曜日

Pebbleを使って78日目

今日初めて、バッテリー切れモードの画面を見ました。
私のPebble Timeの使い方だと、標準で5日くらい持つので、見るのが難しかったです。
Battery+を導入していると、残り1日や残り半日などで通知が来るので、
その時点で充電すれば良いので。

今回はあえて、電池消費の大きいアプリを動かし続けて見てみました。
これは、Bluetooth接続やアプリなどの機能を殺して、バックライトのみ動作するモードです。
この状態でさらに1週間持つとかいう話です。


Pebbleを使い始めてわかったのは、意識しないということです。

私は勤務中などは腕時計をしてますが、家に帰ると机の上に置くので、
その時に充電するくらいで、それ以外は至って普通に腕時計として機能しています。
防水だし。少し汚れたら洗います。指紋がつくと若干見にくいのは残念ですが、拭けばよし。

私の意識としても、腕時計です。本当に。カシオの腕時計を眺めているのとさほど変わらない。
意識を邪魔しないでくれます。電子ペーパー液晶のおかげで画面は常に表示されているし、
暗ければ腕を振ればバックライトを付けてくれます。ここもカシオの腕時計と何ら変わらない。

ただ、日常で一日に数回から十数回、スマートウォッチとして仕事してくれるときがあります。

・朝の天気予報のプッシュ通知を表示するとき
 (最近Yahoo天気の仕様が変わって、絵文字表示になったのが残念)
・ニュースを表示するとき


・メールやLINEが来た時


・リマインダーが起動した時
・サーバーからの通知を受け取った時

・Twitterで反応された時


・2段階認証するとき

・時間測りたい時

・カレンダー見たくなった時
・音楽を聞いている時(Bluetoothヘッドフォンをしている時、放送機材に接続している時などは特に)

・バッテリー残量が気になった時
・メトロノームが欲しくなった時

・月齢が知りたくなった時

・方位が知りたくなった時
 ・機内モードやマナーモードにしたくなった時

それ以外は、至って腕時計です。なにも邪魔しない。

睡眠中はPebble側で設定したおやすみモードが動作するので、通知はなりません。
画面に表示はされるけれど。
iPhoneのおやすみモードやマナーモードとは独立して動くのでそこは注意です。

当初は色々アプリを入れてましたが、3ボタンではできることに限りがあるし、
スマートフォンでやったほうがいいことも多い。
しかし、これらに関しては、腕時計でできると便利だったので、愛用しています。
特に通知に関しては効果絶大で、スマートフォンを取り出す回数は激減しました。

まあ、私が一番好みなのは、壁紙を好きなものにできて、
常時表示されているのでいつでも見れることですが。
二次元好きな方にはおすすめです。


0 件のコメント:

コメントを投稿