SyntaxHighlighter

2014年4月19日土曜日

WindowsXPでも引っかかるの巻

先日、Vistaを仮想化して0x7B (INACCESSIBLE_BOOT_DEVICE)で起動失敗ループにハマった事象について書きましたが
その後XPも仮想化したらやっぱり同じ事故が起きました。

しかも、Vistaのように回復コンソールが生きてるということもなく。
「またイメージの作りなおしか...」と思いましたが、工夫で乗り切れました。

今回、XPマシンの仮想化をしようとNHCを使ったところ、なぜか見事に失敗しました。
ディスクのスキャンを掛けても、セーフモードにしてもダメ。吸出し途中でエラーで止まる。

「これはXPだからダメなのかもしれない。」そう思い、Paragon Backup & Recovery™ 2014 Freeの
CDブートでのバックアップによる吸出しを試しました。成功。

そのまま、仮想マシンでもCDブートし、まっさらな仮想ディスクにリストア。成功...かとおもいきや、0x7Bです。
「多分、書き込み自体は成功している」という憶測の元、次のことをしました。

1.仮想マシンからParagon Backup & Recovery™ 2014 Free ブートCD(Linuxらしい)のファイル救出ウィザードで
 Driver.cabと、system(レジストリファイル)を外付けHDDに吸い出し
2.仮想マシンを終了し、外付けHDDをホストマシンで開き、Driver.cabとsystemを取り出す。
3.Driver.cabを解凍して、前回の記事でリンクしたMicrosoft公式で指示されているドライバ4ファイルを取り出す。
4.systemをハイブとしてregeditで取り込み。Microsoft公式のレジストリ書き換えファイルに少し手を加え、
 本体ではなくハイブに書き込むように調整。実行して書き換え。

↓参考
広島パソコン出張サポート 「VMware Windows XP STOP:0x0000007B 広島市中区へ訪問サポート修理 」 PCサポートフィールド 
http://pcsfield.com/support/archives/support2889.html 

5.systemとドライバ4ファイルを外付けHDDに書き込む
6.仮想マシン起動。ファイル救出ウィザードを使って、仮想マシンの上記ファイルを外付けHDDのファイルで上書き
7.再起動して無事起動。

結論:先に対策しとけば困らない

なお、この方法が原因なのかわかりませんが、XP起動後にライセンス認証の要求をされ、
電話で認証するはめになりましたとさ。

0 件のコメント:

コメントを投稿