SyntaxHighlighter

---SyntaxHighlighter ウィジェット---

2016年1月7日木曜日

FlashAiで、書き込まれた最新の1ファイルを自動でDropBoxにアップロードするスクリプト

※本情報は、参考のために残しており、古い情報を含みます。
 現在主に更新しているのはwikiですので、最新の情報はwikiを参照してください。

---



デジカメをDropbox対応にしたり、ゲームフリークをDropbox対応にしたり、
ポメラをDropbox対応にしたり、いろいろ汎用的に使えます。
但し、フォルダ指定の変更をお忘れなく。

アップロードには30秒~60秒かかります。
もちろん、アップロード中に書き込まれたファイルはアップロードされません。
管理ファイルを用意すれば別ですが。

Dropbox API登録が必要です。手順はこちら(少し古いですが)

フォルダ・ファイル名に日本語や空白が含まれていると失敗する。
(別途対処が必要)

7/17追記
現在、"Error argument:c003fe09" が発生して動作しないのが確認されています。
殆どのHTTPSサイト接続時に起きるようで、原因は不明です。

-----------------dropbox_upload.lua---------------------

--150MBまでの最新のファイルを自動で探索しDropboxにアップロードするサンプル

--ファイルの書き込みをしないので安全。
--但し、書き込まれた時の特定フォルダ内最新1ファイルしかアップロードしない。

--捜索対象のフォルダ(空欄=root)
--末端に/を付けないこと。ファイル探索には成功するが、Dropbox側で怒られる
fpath = "/DCIM/101JVCSO";

--ここにアクセストークン。自分用のAPI登録をしたなら、Generated access tokenで生成できる。
--公式のサンプルのように、appKeyやappSecretを使っていろいろする必要はない。
token = "XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX";

--アップロード先フォルダ
--App folder– Access to a single folder created specifically for your app.にしたなら、
--アプリフォルダ内にファイルができる。
--Full Dropbox– Access to all files and folders in a user's Dropbox.にしたなら
--自由に。ファイル破壊も発生するので注意。

--uploadDir="/someFolder"
uploadDir="";

--注意:CONFIGでIPアドレスを固定していると、接続してもやっぱり固定されているので色々失敗する。
--DHCP_Enabled=YESにすること。

--注意:STAモードもしくはBridgeモードにすること。
--        APPAUTOTIME=0とすること。(通信が切られかねないため)
--    LUA_SD_EVENT=/dropbox_upload.luaのようにすること。(このファイルをdrobpx_upload.luaにした場合)


--作業用変数
filename = "";

--プロセス開始

   sleep(6000); --ファイル書き込み待機(カメラや使う機器が書き込み終了するまでにかかる時間に合わせて変更する。)
 --ここを下手に短くすると、カメラがエラーを吐いたり、写真が破損したり、1つまえに撮影した画像がアップロードされたりする

--ファイル走査
--http://dotnsf.blog.jp/archives/2015-09-16.htmlより、最新のファイルを探す
last_filepath = ""
max_mod = 0
for filename in lfs.dir(fpath) do
filepath = fpath .. "/" .. filename
mod = lfs.attributes( filepath, "modification" )
if mod > max_mod then
max_mod = mod
last_filepath = filepath
end
end

--ファイルがなければ終了
if(last_filepath == "")then print("No file."); goto EXIT; end;

filename = last_filepath;

--アップロード処理開始

--ファイル本体をデータに
mes = "<!--WLANSDFILE-->";
--ファイルサイズを取得
len_s = lfs.attributes(filename,"size");

--アップロード先パス設定
uploadPath = uploadDir..filename;
--Dropbox引数(上書き・通知の有無)
dropboxArg = '{"path": "'.. uploadPath ..'","mode": "overwrite"}';

--ヘッダー情報
hed = {
["Content-Length"] = len_s,
["Authorization"] = "Bearer "..token,
["Dropbox-API-Arg"] = dropboxArg,
["Content-Type"] = "application/octet-stream"
};

  --
--リクエスト
b,c,h = fa.request{
url = "https://content.dropboxapi.com/2/files/upload",
method = "POST",
headers = hed,
body = mes,
file = filename,
bufsize=1460*10
};

--エラーが帰ってきたらファイルに保存する
if(c>200)then
f=io.open("res","w")
f:write(h)
f:write(b)
f:close();
  end

--ブラウザでのデバッグ用
print(dropboxArg);

print(c)
print(h)
print(b)

::EXIT::
--終了処理

0 件のコメント:

コメントを投稿